≪貴婦人と一角獣≫は “愛の変奏曲” でしょう。

           ≪我が唯一の望み≫…青い天幕上部に書かれた銘文                           (画像はすべてCREA WEB 松本麻里の「この美術展を見逃すな」より) 新国立美術館で開催中の≪貴婦人と一角獣≫展を見て来ました。 フランス中世美術でしかもタピスリーと聞くとちょっと気持が奮い立たないでいましたが、我が夫が以前から パリ…

続きを読む

衝撃の画家・・・エル・グレコ展から

「宗教は信じないけどあれを見たらそんな気持ちになるよな~。」という話声が後から聞こえて きました。言わずと知れた“エル・グレコ展” 会場でのことです。  (現在東京都美術館で開催中) 彼が生涯の後半を過ごしたスペイン・トレドで描いた絵は宗教画が多く、展示作品も宗教画が 沢山集められているのでそんな感想もあるのでしょう。 しかし、宗教画ばかりでなく、肖像画がこれま…

続きを読む