遅れた桜!

今年はなんと桜の開花が遅れたことでしょう。 ようやく国立・大学通りの桜を見に行ってきました。九分咲きでしたが、ほぼ満開に近く、それでもピンク色が 褪せる前に見ることができました。 桜は満開よりやや蕾を抱え込んだ頃が好きです。 今日はもう花吹雪状態ですが、今年の記録としてアップしました。 (撮影場所:4月6日国立にて)

続きを読む

おんな土方の活躍!

三月も半ばを過ぎるというのになかなか春らしい日が続きません。毎日庭に出て球根やバラの 芽生えをチェックするのですが、昨年に比べるとず~と遅れ気味。 そんな中でもやっと春の気配が少し見え始めてきました。 今年植えた鉢花が、寒さに耐えながら咲いています。{%鉢植えwe…

続きを読む

“フェルメール・ブルー”ってやっぱり凄い!!

話題の絵を含む『フェルメールからのラブレター展』 を見にいってきました。 話題の絵とは・・・修復がなされて本来の色が蘇ったこと、そして修復後最初に公開されたのが 日本であったことで話題になったあの絵 “手紙を読む青衣の女” のことです。 修復前の現物を見て比較したわけではないのですが、ラピスラズリを使った絵具ウルトラマリンブルー の色使いは実に巧みだと感じました。…

続きを読む

渋谷の“おのぼりさん”

冬の終わりを告げるように2月29日に東京では珍しく大雪になりましたが、翌日は暖かくなり あれだけ降った雪はまたたく間に溶けてしまいました。 でも寒さがぶり返したりで庭の様子もまだまだ殺風景でようやく球根類やバラが芽を出し始めたところです。 まだまだ春は一進一退です。         そんな中、晴れた日の土曜日を選んで渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の…

続きを読む

やっぱり人気者!

大きなまな板の上にドーンと置かれました。 鐘がガランガランと鳴らされ若い威勢のいいお兄さん達が何人か現れ“さあ、このマグロの体重は 何キロくらいでしょう?” 誰かが51キロと答えました。“当たり~!!でも賞品はありません~。” こうして“K魚類”のマグロの解体実演・販売が始まります。 以前にもこのブログでご紹介したあの“K魚類”です。 一番力のあり…

続きを読む

謎はやっぱり謎のままでした・・・。

『プラド美術館所蔵 ゴヤ展』へ会期終了まじかになって出掛けました。そこで10年ぶりに“着衣のマハ” に再会してきました。 西洋絵画の好きな方にはご承知のとおり、これは“裸のマハ”と対になってプラド美術館に展示されてい るものですが、今回展示作品の中にこの“着衣のマハ”が含まれています。同美術館の至宝ともいえる作品を よく貸し出したものと感動。本当は“裸のマハ”と再会したか…

続きを読む

“にっくき天敵!”

昨年から持ち越してしまった鉢植えのバラの植え替えを数日前ようやくすませました。 この時期バラは休眠中のため、土は乾燥していて鉢から引き抜くのも案外らくにできました。 ところが、忘れていた1本の鉢植えに気付いて、少し暖かくなったのを機に作業を始めました。 それはジ・アニィック・ローズ(ER)の鉢です。 毎年次々と花をつけ甘い優しい香りを放っていたのに昨年は花…

続きを読む

“足し算的思考”と“引き算的思考”?

新年早々“福の神”が舞い降りてきたわけではありませんが・・・。 地球上には沢山の国々がありますが、人々の使う言語や行動を通して、その国の人々の思考傾向が 見えるてくるような気がします。例えば・・・・ 買い物をした時の釣銭について・・・ 日本では店で750円の買い物をした際1000円差し出すと、客も店もおつりは250円と暗算で…

続きを読む

年のはじめに

新年明けましておめでとうございます。 皆さま新しい年をいかがおむかえでしょうか。 昨年は3月11日の大震災に始まる苦難の一年でしたが、被災地の方々が懸命に復活しつつあるお姿を 拝見すると逆に元気を頂いたようです。 今年こそ元気な日本になってほしいものです。 このブログにも沢山の方々のご訪問を頂き気持玉・コメントを頂戴し深く感謝申し上げます。 気ままに綴…

続きを読む

暴れる“お転婆娘”をなだめて・・・

温かい日をえらんで、ようやくつるバラの剪定・誘引に取り掛かりましたが、あと数か所も残っています。 裏庭のトレリスの誘引が済んだところです。この2本のバラは大変な“お転婆娘”で、昨年に比べて大暴 れしていたところをようやくなだめてこんな具合になりました。来年はどんな姿になるかな~ そんな“お転婆娘”も、春になると嘘のような変身ぶりを見せ…

続きを読む

これって、バラ・エヴリン(Evelyn)の香り?

冬になると、乾燥と皮脂不足で体中の皮膚がピリピリしませんか? ベビーオイルを塗ればいいのかと思案したのですが、べたつくのもいやだし・・・。 そんな時こんな物を見つけて買ってしまいました。最初に心を奪われたのは、なんといってもイングリ ッシュローズ“エヴリン”(Evelyn)の香りがするというフレコミでした。(実際はちょっと違っていましたが…

続きを読む

遅ればせながら・・・

遅ればせながら、裏庭が少しづつ秋から冬らしくなってきました。 10月末頃、シャラの木の紅葉の始まりです。 全体が色づきました。そろそろ葉が落ち始めています。 秋バラは基本的に咲かせないことにしていますので肥料切れのはずなんですが、健気にさいています のでアップしました。花数は春に比べて俄然少ないです。 夏から咲き続けたルリマツリです。150円で買った…

続きを読む

人知れず・・・

散歩の途中、とある駐車場の片隅で人知れず咲いていたエンジェルストランペットです。 (といっても遠目にも目立つ花ですけど・・・) そしてサフランも・・・。この赤いシベを乾燥すると香辛料や食用の着色料そして薬用にもなるそうです。 コスモスが群生した中にこんな変種がありました。花弁がちょっと変では・・・? サイクリングロード沿いに植えられた樹木で…

続きを読む

街角散歩・・・ウィンドーディスプレー

街角を歩きながら・・・店先の色々なディスプレーを見るのは楽しいものです。 スーパーマーケット野菜コーナーで  (パリにて) リモンチェッロの店  (カプリ島にて) 屋台のおばさんの店  (アマルフィにて) 青空マーケットで・・・ベリー類もこんなに豊富  (以下3枚ベルンにて) 青空マーケットで・・・チーズの切り売り 青空マーケットで・・・イ…

続きを読む

行きつく先の姿は皆おなじ・・・?

趣味が悪いと思われますが、骸骨の姿を見るとなんだかとても親しみを覚えます。 教会のステンドグラスにこんなものがあります。いずれも骸骨が人を誘っています。王様も貴婦人も尼さんも行 きつく先の姿は皆おなじということでしょうか?(もちろん私の行きつく先も、あなたの行きつく先も・・・。) 人々を誘う骸骨? 王様と取引をする骸骨? 尼さんを誘惑する骸骨…

続きを読む

駒場散歩

前から気になっていた旧前田侯爵家の建築を見たくて・・・ 同家が保存されている駒場公園界隈を散歩がてら歩いてみました。 旧加賀100万石大名前田家の第16代当主前田利為の本邸として昭和4年に建築されたもの。 欧州建築の粋を集めた館は、当時東洋一の邸宅と称せられたそうです。 建物内部は撮影禁止のため撮ることができませ…

続きを読む

旅の記録から(その3)

シチリアの旅から・・・何年か前に旅した時の記録です。 パレルモの空港からホテルまで、怪しげなタクシーにつかまってしまい、チップを“もっとくれ!”とねだられる ところから始まりました。 “雲助”までとはいかないので、“まっ、いいか・・・・。”という具合でした。                                           (画像はクリックすると拡大されます) …

続きを読む

“虫めでる姫”と“花めでる姫”

“虫めでる姫”と“花めでる姫”・・・どっちがいい? 聞かれた女の子はたいてい“花めでる姫”と答えるでしょう。 男の子はといえば、“昆虫博士”が結構多いので“虫めでる若君”といったところですが・・・ それなのに、長じては“花めでる奥方”と“花めでる殿方”が俄然多くなるのは面白い現象だと時々思います。 でも今日は“虫めでる姫”の世界をアップします。 散歩の途中ふと立ち止まっ…

続きを読む

ふたつの音楽祭からの思い出

ザルツブルグ音楽祭&ヴェローナ音楽祭 少し古い話になりますが・・・ “頑張った自分達へご褒美”?・・・ちょっと贅沢に夫と共に音楽祭を掛け持ち(!)した時の記録です。        ************************************ ザルツブルグ音楽祭・・・ザルツブルグ祝祭劇場他で毎夏開催  プログラム(200…

続きを読む

印象派はお好き?(モネの庭園)

前回からの続きで、ジヴェルニーにあるモネの庭とそこをモデルにした絵をご紹介します。 モネは花を育てることが大変好きで、庭園を造るため少しずつ敷地を買い広げていったそうです。 広大な敷地の中のいくつかのシーンをアップします。モネ没後荒れ果てていた庭は、現在モネファウンデーショ ンによって管理されているとのこと・・・。咲いている花々はさして珍しいものはありませんが、この庭が…

続きを読む

印象派はお好き?

ワシントンナショナルギャラリー展 開催期間終了まじかになって慌てて国立新美術館へ行ってきました。 ワシントンナショナルギャラリーは、質の高い印象派・ポスト印象派の絵画を集めていることで知られていますが “常設展示から館外貸出は12点まで“というルールがあるそうです。 今回そのうち9点まで日本に貸出しをしたということは稀なことだそうで、印象派好きの人々に とっては…

続きを読む

魚はお好き?

美味しい魚が食べたい~。 これが昨年暮れまで我が家では食糧の買い出し前の“挨拶”でした。 ところがあるテレビ番組で話題となり、その美味しい鮮魚を販売している“K魚類”という鮮魚屋がなんと我が 家から車で20分ほどの所にあったのです。新潟県寺泊港から直送の魚が毎日入荷するし、その他 全国の魚もその組織力で豊富に入荷、さらに嬉しいことには安い!! “魚離れ”を食…

続きを読む

旅の記録から(その2)

マルタ共和国         マルタの街の基礎を築いたといわれる聖ヨハネ(マルタ)騎士団インガーディアデモ         先史時代に築かれたという巨石神殿の一部 ※マルタ共和国・・“・地中海のお臍”と呼ばれる島国 (画像をクリックすると拡大されます。) (撮影場所:マルタ島・ゴゾ島)

続きを読む

夕方出掛けました・・・

現在、国立西洋美術館で開催中の「大英博物館 古代ギリシャ展」を見に行ってきました。金曜日は午後8時まで開館ということで、空いた時間帯を狙ったつもりでしたが、学校が夏休みということもあって結構混んでいました。(画像をクリックすると拡大されます) 展示は、テーマごとに次のように分類されています。    第1章  神々、英雄、別世界の者たち    第2章  人のかたち …

続きを読む

コンサート あの二人が夢の共演・・・

「スタニスラフ・ブーニン・チャリティ・ガラコンサートwithスペシャルゲスト」 久しぶりにコンサートへ行ってきました。(画像をクリックすると拡大されます) 東日本大震災で被災した子供たちを支援するためのチャリティーコンサートで、ブーニンを中心にゲスト出演した2人のピアニスト中村紘子、山下洋輔が賛同して企画されたものです。演奏者は勿論この3人のメンバーです。(山下洋輔はジャズの世界…

続きを読む

七日町御殿堰

所用で山形へ行ってきました。 夕がた、少し空いた時間を利用して前から気になっていたスポット、「七日町御殿堰」を見に行きました。 (画像をクリックすると拡大されます) 街の中心部を通る”七日町通り”を横断するかたちで小さな水路が作られて、水量豊かな清流が流れています。 その流れの両側はサイドウォークとなっていて、江戸時代の町屋が再建されています。地元の老舗店舗や趣味…

続きを読む

カサブランカ開花!

カサブランカが開花しました。 球根の植え付けが3月と遅かったので、開花するかしら・・・と思っていましたが杞憂でした。球根は手間いらず でいいですね。(画像をクリックすると拡大されます) フロックスの白もこの暑さにもかかわらず元気に咲いています。 アナベルは緑色の花にはじまり真っ白になって、また緑色になります。 アメリカンブルーとタピアン(バーベナの改良種…

続きを読む

また食べたい~!

月に何度か新宿へ出かけますが・・・・。 最近では用が済んでも、一休みしないと自宅へ帰る元気が出ません。でもとってもおいしいフルーツパーラーがあるのです。特に女性に人気で、たいていは待たされますが、旬のフルーツが食べられます。コーヒーかティーが付きます。 我が”夫君”(おっとくん)は、これが楽しみで新宿へ行きたがります。 この写真を見るとまた食べに行きたい~です。(画像をクリックすると拡…

続きを読む

紫陽花の七変化(?)

紫陽花の美しい季節です。 種類が豊富で、それぞれの個性が楽しい花ですね。 何年か前、我が家の紫陽花はピンクの鉢植えから、地面に下ろしたとたんブルーに色変わりしました。 元の色に戻そうと石灰をまいたところ、ピンクとブルーの濁った汚い色になってしまいました。数年たって ようやく今の色に定着したようです。(画像をクリックすると拡大されます) もう一本は…

続きを読む

梅雨の合間に・・・

例年になく、早い梅雨入りでしたが、今日はつかの間の晴れ。 いつの間にかアジサイの季節になってしまいました。 シャラの木にも白い椿のような可愛い花がつき始めました。この木は花もさることながら緑の葉の陰影と姿が とても美しく庭のアクセントにもなるのでとても気に入っています。我が家のシンボルツリーといったところで しょうか。 梅雨の合間の庭の様子です。(画像をクリックする…

続きを読む

バラ満開

先週からバラが一気に満開になりました。 待ちに待ったコンスタンス・スプライがほっこり丸いカップ咲きで顔を出し始めました。 (画像をクリックすると拡大されます) キャスリンモーレーは、花弁が”ばっさりばっさり”と落ちます。その直前です。 今年のピエールドロンサールは開花がとても遅かったようですが、太陽があたるとあっという間に咲き 始めの”初々しさ”が”巨大で逞…

続きを読む

バラのつぶやき

“恨めしい雨もあがり、温度、湿度ともに爽やかなので、今日はわたしの出番よ。”ってなつぶやきが バラ達から聞こえてきそうな陽気でした。 ガートルードジェッキルは、素晴らしい香りとともに咲き誇っています。 (画像をクリックすると拡大されます) スパニシュ・ビューティは満開をすぎ、あっという間に花弁が散り始めています。 マチルダは花びらが全開すると、急に可愛らしい表情にか…

続きを読む

五月の庭

昨日の夏日のような暖かさでスパニッシビューティーが一気に開き始めました。そばによると、とてもいい香りがします。 まだまだ蕾が沢山ついているので、コンスタンススプライとの共演を楽しみに待っているのですが、開花がどれくらいずれるのか気になるところです。 我が家の5月の庭を紹介します。(写真をクリックすると拡大されます。) フロントヤードとバックヤード…

続きを読む

クレマチス

二年目のクレマチスマダムバンホーテが巨大な花をつけました。 昨年の”清楚さ”とはちがって、まるで女王の風格です。きっととなりのイングリッシュローズの肥料を横取りしたのでは?…と思ってしまいます。蕾もまだまだ沢山つけていています。 隣でドクターラッペルも開き始めました。(画像をクリックすると拡大されます。) ヤングも今年はたくさん花をつけ始めました。 モンタナスプネ…

続きを読む

週の初めころは、まだ三分咲きだった桜が一気に気温の上昇とともに開花しました。 満開にはまだ届きませんが、花のトンネルを車で走ると、特等席からの花見ができました。 今夜あたりから天気は下り坂とか・・・いましばらく雨さんには優しく降ってほしいです。

続きを読む

庭工事

3月末、楽しみにしていた庭工事がはじまりました。 造園会社の親方(社長)と若い衆が3人で、3日がかりで終わりました。幸い暖かく晴れの日が続きました。 ようやく庭らしくなってきました。 枕木埋め込み中 イフェイオン・ロルフフィルドラーと言う舌を噛みそうな名前の花が咲き始めました。予想とは違った素晴らしいブルーに驚き嬉や・・・というところです。 白いアネモネがブルー…

続きを読む

ようやく春!

一気にバラが芽吹き始めました。 トレリスに誘引したコンスタンススプライとスパニシュビューティの共演が今から待ち遠しいです。 花壇では昨年暮れからつぼみをつけて開花する日を待っていたアネモネがようやく開いてくれました。 ブルーと白のコントラストをねらって植え付けたのですが、白いほうが遅れているようで、やっと頭を持ち 上げてきました。 冬の間枯れ枝のようで、…

続きを読む

飛行機はバックできない

福岡空港で、エンジンに可愛らしいドルフィンのついた飛行機をみました。 でも飛行機は自分で前へ進むことはできてもバックはできないのです。 飛び立つまえに、滑走路へと押されていくのも面白いですね。

続きを読む

コンパクトデジカメのこと

念願のアナベルとアガパンサスの苗を植え付けました。 昨晩はかなり冷え込んで、朝、霜がおりていましたがなんとか大丈夫でしょう。 ここからはカメラの話。 昨年、ある方のブログを拝見して衝撃的に素晴らしい写真を見つけました。 過去のブログの写真もずーと追ってみて、思ったことはいったいどんなカメラを使っていらしゃるのかしら? ということでした。 それは、SIGMA DP1というカメラでし…

続きを読む

3月の庭

今日から弥生三月。 庭の球根が次々と芽を出し始めました。 待ちに待った”アナベル”と白い”アガパンサス”の苗が届きました。 でもまたまた冬型の気象配置とか・・・いつ植えよう~かな? 今年の春には、庭に芝生を植え、サマースノー用の大き目のアーチと アルケミスト用のトレリスをS造園さんにお願いしました。 今から楽しみです。

続きを読む

はじめまして

はじめまして。 旅行やバラを育てることがすきです。 旅行は「旅日記」に写真を入れてワードで作ってきました。 バラは毎年デジカメに記録してきました。 もっと簡単に記録に残したいことや、旅行やバラの好きな方々に 見て頂けたら・・・というのがきっかけです。 怠け者なので、気まぐれ日記になりそうですがどうぞよろしく。

続きを読む