華やぐ禅寺…再び紅葉の平林寺へ(その1)

紅葉が見ごろになったとのことで再び平林寺へ。 総門を入ると途端に人・ひと・ヒト。平日にもかかわらず老若男女が… 燃えるような紅葉に普段は静寂に満ちた禅寺が一気に華やいでいます。 感動をお伝えしたくて沢山撮影してきました。 よろしかったらその2、その3もお付き合い下さい。

続きを読む

平林寺を散策して・・・

紅葉には少し早かったのですが、 久方ぶりに臨済宗妙心寺派の禅刹平林寺を散策しました。 案内書によれば、平林寺はもともとは南北朝時代に岩槻城主・大田備中守により 現在の岩槻市に創建されました。 その後大河内松平家の廟所となり、幕府の老中を務めた川越藩主松平信綱の遺言により 息子輝綱によって新座野火止の地に移築されたものです。 ちょうど江戸と川越の中間地点になるの…

続きを読む

神代植物園のダリアとバラ

夏の終わり頃見に行った時は完全に夏枯れ状態だったダリア。 爽やかな秋晴れに誘われて神代植物園に行ってみました。 今度はちょっと最盛期を過ぎた感じでしたが見事な花をつけていました。 もともとダリアはあまり好きな花ではないのですが、最近品種改良がどんどん進んでか、 珍しい色や形のものが植物園に植えられていてちょっと観賞するのが楽しくなってきました。 …

続きを読む

After a long intermission・・・

大変ご無沙汰しました。 諸々の事情でブログ更新が滞ってしまいました。 “ガンバレ!” のメッセージや気持玉を送って下さったり、時々訪問してくださったりとご心配を おかけしました。 その間のご訪問有難うございました。 ほぼ一カ月ぶりに復活しました。 といっても生来怠け癖があるので、気まぐれブログになりますが、またまたよろしくお付き合いください。 猛…

続きを読む

ドイツのアウトバーンは怖いよ~

何年か前のこと、オーストリア・ザルツブルクからドイツ・ミュンヘンへ移動した時のこと。 この2都市間は比較的近いので、飛行機で空を飛ぶ代わりに航空会社が手配した車で地上を 移動することに。 ザルツブルク空港で車に乗り込むとすでに3人のおばちゃま方が陣取っています。 聞くとバルセロナから音楽祭に来て、これからミュンヘンの田舎に一軒家を借りてヴァカンスを過ごす のだとか・…

続きを読む

ポイントがたまると…

先日心当たりの無い(?)宅配便が届きました。 今時何・・・? 実は宅配便やら小包便やらの梱包を開けるのが大嫌いなんです~。 面倒くさい~。( グウタラで怠け者ですね・・・トホホ) 一応発送元を確認すると・・・ 今回はなんと “カードを使うとポイントが貯まる” ってやつで交換した品物でした。 もともとポイントなど貯める気などさらさらな…

続きを読む

はや九月…ご無沙汰しました。

猛暑の8月も終わり、はや9月。 あまりの暑さに頭は思考停止状態でした。 それでもクーラーの中ばかりではいけないと猛暑の中を買い物に行ったり、毎朝、毎夕、カラカラの 庭に水撒きしてました。一仕事おわると汗びっしょり…まあ一日に一度は汗をかくのが身体には 良いとかで…。                {%やしの木web…

続きを読む

“デ・ラランデ邸” のメルヘン

時々散歩に行く小金井公園の中でこんなオシャレなベンチを見つけました。 撮影していたら 『僕がモデルになって座りましょう』 なんて方が現れて・・・ 公園の中にある “江戸東京たてもの園” に今年の春からお目見えした “デ・ラランデ邸” の様子です。 建物詳細についてはブログ友 yasuhikoさんのブロブ 『街が好き』 をご覧ください。 玄関へのアプローチは白い…

続きを読む

≪貴婦人と一角獣≫は “愛の変奏曲” でしょう。

           ≪我が唯一の望み≫…青い天幕上部に書かれた銘文                           (画像はすべてCREA WEB 松本麻里の「この美術展を見逃すな」より) 新国立美術館で開催中の≪貴婦人と一角獣≫展を見て来ました。 フランス中世美術でしかもタピスリーと聞くとちょっと気持が奮い立たないでいましたが、我が夫が以前から パリ…

続きを読む

雨ニモマケズ・・・

昨日から降り続く雨のせいで雨水をたっぷり含んだアナベルやバラが花の重さに 耐えきれず地面すれすれまで枝が倒れているのを見つけてビックリ… 折れたアナベルとラ・パリジェンヌの花を切り取って花瓶にいれました。 もっともこんなに大きなアナベルの花じゃ枝も支えきれませんよね。支柱にひとまとめにして結わえ 付けました。(花の径が約25センチくらい) …

続きを読む

ようこそ…ビアンヴニュ !!

フレンチローズのビアンヴニュがついに我が家でデビューしました。 文字通りフランス語の “ようこそ(Bienvenue)”という名前です。 ギザギザした切れ込みと重なり合う花弁に魅了されて、昨年秋に予約していたもので、 今春我が家にやって来たバラです。 香りの高い大輪の花を付けました。 どこから見ても華麗な姿で咲き誇っている様子はまるで女王様のよう。 すでに咲…

続きを読む

小江戸…川越へ

梅雨に入る前にと急に思いついて行ってきました。 “時の鐘と蔵の街”・・・ 川越です。 午後から出かけたので見どころといわれる所を全部回れませんでしたが、かの蔵造りの家並が 並ぶ通りは観光客であふれていました。 通りを少しすすんでみましょう。 鬼がわらの立派なそして瓦葺の凝った建物が見えます。さぞ豪商のお宅だったのではと想像します。 黒壁に赤銅色の扉、緑色の暖簾…

続きを読む

こんな色のが欲しかった!

ようやく咲きました。 イングリッシュローズのウィリアムシェークスピア2000。 マゼンタ色の紫がかった深紅は深~い色をしていて心がキューっとなります。 赤いバラは種類が沢山ありますが、あまり好みの色ではないためこれまで心魅かれることは少くて…。 ところが~…この色にはどうしても負けてしまって… 今春我が家でデビューを果たしました。その最初の花です。 比較的小さ…

続きを読む

つるバラも華やかに…我が家のバラ(その2)

前回に引き続きまたまたバラづくしです。 そこのあなたはちょっと食傷気味…?  ピエールドロンサールとアイスバーグは毎年沢山花をつけるのですが 今年は例年にも増して花が大きく数が多いようで… ピエールドロンサールのピンク色が濃くなってなんだか熟女って感じ…? 以前は塀の上に花首を並べて外を覗いている姿を見て我が夫は「不良少女」と呼んでいました。…

続きを読む

今年は華やかに…我が家のバラ(その1)

今を盛りに満開の我が家のバラ…例年よりとても華やかです。 先日来の風雨にも耐えられました。 フレンチローズのラ・パリジェンヌです。 春は黄色にオレンジ色が混じって元気一杯。秋はもっと優しい色に変わるバラです。 結構強靭な幹と枝をしているので “ちょっとくらいの雨や風には負けないのよ!” …ですって。  タワーブリッジが綺麗な赤色の花をつけています。あなたはこ…

続きを読む

恵みの雨か恨みの雨か~バラ庭から

きのうは暑いくらいの夏日になりましたが、今朝から雨が降り始め・・・ 恵みの雨か恨みの雨か~? きのうの暖かさでバラが一気に開いたというのに今日は雨・・・ 乾燥気味の花壇に水やりの心配がいらない代わりに、蕾が開いて重くなったバラの花には 過酷な状況なんです。 雨を含んだ花はますます重くなって地面近くまで頭を下げることもあります。 その上、枝が折れたり・・・と。 …

続きを読む

バラの季節到来!!

今朝から出掛ける予定があったのですが、急きょそれがキャンセルになってブログ更新の 時間が取れました。 昨日の強風でだいぶ葉が傷みましたが、咲き始めたばかりのバラは大した痛手も負わず なんとか無事でした。 今年は例年より開花が早いようです。 エブリンの咲き始めからの様子です。 外側が白っぽく中心はアプリコット色ですが、花が完全に開くと大きなカップの中にクシャクシ…

続きを読む

バラの季節になる前に…

バラの蕾がグングンと大きくなってきました。 今年はちょっと期待できるかな~? 昨年不調だったエブリンにしっかりした蕾が。 一番早く咲くのはスパニッシュビューティ…ボチボチ咲き始めましたが、でも今年はちょっと 花数が少ないかも~…。 誘引の際大事な枝をばっさり切ってしまったので… いよいよバラの季節…でもその前に春の庭を賑わせてくれてい…

続きを読む

春まだ浅き三瀬高原から

先日、福岡市から佐賀県三瀬高原にあるルベール牧場 ― “どんぐり村” までドライブしました。 ここには牧場あり、手作りパン工房あり、ワイン館ありそして乗馬・アーチェリー等々大人も子供も楽しめる 施設が点在しています。 牛の搾乳体験もできるそうです。ホテル “森のオーベルジュ” があって宿泊もできるようです。 ここは高原なので、まだ春浅くやっと木の芽が若葉に変わりかけて…

続きを読む

我がジャルダンの新参者・・・その正体は?

今春、我がジャルダンにお目見えした花、この画像からその正体が分かりますか? まるでシャクヤクかボタン、はたまたバラの花の様ですが…             ??? 正体は・・・・ アンジェリカというチューリップでした。 ちょっとオトメチックな花ですが園芸店でチューリップ球根の 人気ナンバーワンだというので植えてみました。なかなか蕾が開かずようやく顔を見…

続きを読む

緑あふれる春の庭・・・ヒーローもクイーンも姿を現して

気が付けば4月も10日を過ぎてしまいました。 庭の緑が急に勢いを増してバラも蕾が膨らみ始めました。 そしてブラックヒーローとクイーンオヴナイトが顔を現しました。 今朝は少し肌寒い天気でしたが、ここ数日はちょっと早起きして裏庭からフロントヤードを 一回りして芽生えや開花の状況をチェックしています。       {…

続きを読む

春の妖精たちがやってきた!

急に桜が満開になるほどの暖かさに、いままで眠ったままの庭の植物達が一斉に活気づいてきました。 赤紫のチューリップの球根を植えてみました。赤系統の花は殆ど植えないのですが、どんな紫色かしら~ と興味がわいて・・・。花開くと、こんな可愛い矮星のチューリップでした。   昨年の開花は4月に入ってからだった水仙は3月中旬にあっという間に開きました。 スノーポールとネモフィラはこ…

続きを読む

衝撃の画家・・・エル・グレコ展から

「宗教は信じないけどあれを見たらそんな気持ちになるよな~。」という話声が後から聞こえて きました。言わずと知れた“エル・グレコ展” 会場でのことです。  (現在東京都美術館で開催中) 彼が生涯の後半を過ごしたスペイン・トレドで描いた絵は宗教画が多く、展示作品も宗教画が 沢山集められているのでそんな感想もあるのでしょう。 しかし、宗教画ばかりでなく、肖像画がこれま…

続きを読む

古代ギリシャ風壺と鉢発見!

古代ギリシャ風の壺と鉢を発見! 発掘調査に参加したわけではありません。 ホームセンターの園芸コーナーで見つけました。 まえから欲しいと思っていた壺や鉢にそっくり、でもそれ等は結構いい値段がするし、 かなりの重量で自分では動かすこともできないので、なかなか踏ん切りがつかないままでした。 ちなみに値段とフレコミを見てみたらなんとなんと買える値段じゃないですか~。…

続きを読む

とうとう黄砂とPM2.5がやってきた !!

家と家の間から高層マンションが普段はくっきりと見えるのですが…。                   (3月10日午後13時40分頃撮影) 数百メートル先の家々の後ろは全く視界がなくなりました。                                     (3月10日午後13時40分頃撮影) それまで照っていた太陽が突然日食のように辺りが曇り始め… 気が…

続きを読む

春一番は砂嵐!

数日前の春一番はまるで砂嵐。 道路を挟んだ東側、緑地だった土地が宅地開発にかかり、むき出しの土地から 凄い砂埃が…。 砂漠のど真ん中にでもいるような赤土の砂埃が吹きつけ、道路には其の残骸が…。 関東平野の特徴とはいえ、あまりにもいや~な春の訪れでした。 それに引き換え北日本や北海道の大雪は人や車が雪に埋もれて亡くなったり列車が脱線したり、…

続きを読む

ついにゲット!! 〔話題のショコラ〕

2月14日はバレンタインデー。 「本命チョコはいつゲットするの?」 謎かけ問答が我が旦那様より・・・。フフフ きっと催促なんだワ~。 日本橋まで出掛ける用があって、ついでにチョコを・・・。 折しもデパートでは “バレンタイン・チョコレート祭り” なるものが開催中。 近年は近場の安チョコ (と言ってもこの時期は結構な値段が付く) でごまかしていたのですが、 今年…

続きを読む

梅園でみつけた春の音楽!

風もなく穏やかな午後だったので、急に思いついて梅の咲き具合を 見に行ってきました。神代植物園は昨日から“梅まつり”の始まりとか…。 なのに残念ながらまだまだ蕾はかたく花はポチポチでした。 かわりに蝋梅が甘い香りをまき散らしていました。蝋梅って黄色い色ばかりと勝手に思いこんで いましたら、中心部が赤い花もあるんですね~。 蝋梅の近くでこんなマンサクを見ました。…

続きを読む

一連の作業完了!

何年ぶりでしょうか? 一月に東京で大雪が降るのは珍しいことです。 天気予報で雨か雪で寒くなるというので、その前日2日間に昨年末から持ち越していた つるバラの剪定と誘引を一気に完了しました。その2日間は穏やかな天気でしたが、 あまり頑張ったせいか身体中が筋肉痛で・・・。 でもそのあとが大雪だったのでなんとかぎりぎりセーフでした。 …

続きを読む

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。    昨年は沢山の方々のご訪問を頂き有難うございました。 気ままに綴っておりますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。 裏庭は、今はすっかり冬枯れの殺風景な姿です。 そんなわけで特にアップする程の写真もないのですが、日の目を見なかった撮りおき写真のいくつかを ご覧ください。 サマースノー・・・こ…

続きを読む

流れるように…〔イルミネーション〕

友人夫妻との会食のため夕方から出かけました。 食事の楽しみもありますが、密かな狙いは新宿南口サザンテラスと新宿西口モザイクストリートの イルミネーションを見ることです。 これは恒例のお楽しみなのですが、毎年その趣向が変わるのが一番の見どころです。 サザンテラスもモザイクストリートも今年の大きな変化は、細長い棒状のLEDライトの光が順次 点滅して流れるような動きがある…

続きを読む

久しぶりに丸の内界隈へ・・・〔散歩〕

ここ数日すっかり真冬の到来です。今日は風が冷たく頭の中まで通り抜けていく感じでした。 その割に天気は快晴、急きょ三菱一号館美術館で開催中の “Chardin展ー静寂の巨匠” を 誘われるままに見に行ってきました。 誘われるままに・・・というのは、実はそれ程興味がなかったのですが、丸の内を散歩したくて 出掛けました。ついでに東京駅舎を見ましたが、丸の内側の広場はカメラを…

続きを読む

深まる秋 裏庭もなんとかしなくっちゃ・・・

先日久しぶりに小金井公園までウォーキングしました。 秋の深まりを感じる森や林ですが、いまいちの黄・紅葉です。 裏庭の花々もすっかり数少なくなって見るも哀れな庭ですが、シャラの木が紅葉して、秋の深まりを 感じます。 サルビアアズレが暴れながらも美しい花を付けています。ブルー系の花の中でも珍しいスカイブルーです。 ラ・パリジェンヌがひっそりと咲いています。春よりオレンジ…

続きを読む

秋深まって遺品整理

ウェブリブログが不具合の間に秋はすっかり深まってきました。 9月末頃から義父母の家の遺品整理をやっていましたが、ようやく終了しました。 整理というよりすべてが断捨離でした。勿体ない、惜しいと思う物が沢山ありましたが、 引き取る場所もなければ使うあてもなく、泣く泣く処分する手立てを付けました。 なかには夫の子供の頃の成績表や創作・作文や絵日記などが出てきてしばし面白がって …

続きを読む

話題のボーイング787に・・・

所用で福岡へ行ってきました。 往路、話題のBoeing787 に乗ることができました。 国内線のシート配置は3-3-3で、座席は気持従来より少し広めに感じました。 注目されるメリットはいろいろあるようですが、特に嬉しいことは、機内の乾燥が減ることでした。 従来の機種では極度に乾燥するのが、B787はカーボン繊維を使った機体のため、加湿器を装備出来る …

続きを読む

秋の虫の音は騒音?

残暑が厳しい日が続きましたが虫の音や肌に感じる風には、 秋が確実に近づいているのを感じますね。 古来、朝夕の虫の声は秋の訪れと静寂を感じさせると思われてきましたが、面白い ことにはこの虫の声は欧米人にとっては、騒がしい鳴き声のなにものでもないそうですね。 古い昭和の頃の映画の中で蝉の声は真夏を連想させる小道具でした。 ところが欧米人がこの映画を見ると雑音がひどくて聞…

続きを読む

暑さにもめげずに…

久しぶりの更新です。 例年こんなに暑かったかと思うくらい残暑が厳しい毎日ですが、この暑さにもめげずに裏庭で 咲いている花々です。 濃い紫色はエンジェルラベンダー(ゴマノハグサ科アンゲロニア属) 夏中元気なペンタス ペチュニア 徒長した花を何回か刈りこんだらこんもりと花を付ける様になりました。例年今頃は溶けてなくなっ てしまうのですが今年はず~と咲き続けて…

続きを読む

“プチ贅沢な夕べ”

あの“少女”に会うため夕方出掛けました。 その前にまずは腹ごしらえを・・・。 入ったのは“ブラッスリ・レカン(Brasserie L'ecrin)” ここは昭和7年に建てられた上野駅舎の旧貴賓室にオープンしているフレンチの店。 手頃な価格で気軽に利用できる店のようで、俄然女性同士や一人の女性客が多い感じです。 天井からはレトロなシャンデリアが下がり、高い天井…

続きを読む

巨大なカサブランカ !!

植えてから2年目のカサブランカが咲き始めました。 昨年とほぼ同じ時期に花が開きはじめたのですが、今年は花の径がなんと23センチ、 高さ1.5 メートル、一本についた蕾の数が14個と想像もしない巨大な花になりました。 辺り中いい香りがするのですが、あまり強烈で部屋に切り花としてはとてもとても飾れま せん。 今は緑と少しの草花の咲く裏庭でせいぜい華やかにふるまってもらい…

続きを読む

まさに色彩の魔術師!

マチスの最高傑作といわれる“赤のハーモニー(赤い部屋)”が見たくて開催終了まじかになって エルミタージュ美術館展へ行ってきました。(於:国立新美術館) この作品は周知のとおり、最初 “青のハーモニー” と呼ばれたようにブルーに塗られ、次に緑色に変えられた ものをさらに赤い色にマチス自身が塗り替えたという作品です。                              …

続きを読む

気まぐれウォーキング

先日小金井公園までウォーキングしました。公園の北側を通るサイクリングロードは最近 歩行者用の道が舗装され歩きやすくなりました。この道路の下には境浄水場まで水道管が通っていますので 車は通れず、のんびり歩くことができます。 ウォーキングといっても毎日コンスタントに続けているわけではありませんので、名付けて“気まぐれ ウォーキング”。 この道は両側に色々な花や樹木が植…

続きを読む

ばらイブピアッジェのデビュー

今年植えたばらイヴェピアッジェが我が家の庭でデビューを果たしました。 “欲しい欲しい”と恋焦がれていたバラです。 それなのに蕾が膨らみ始めると想像以上に強烈なピンク色にびっくり・・・。 咲き進むうちに、今は文字通り芍薬咲きで褪色し始めています。次の蕾が上がってきていますが、 選りにもえってこの梅雨時に開花するなんて・・・。 開花がちょうど梅雨…

続きを読む

アナベルが咲いたよ~

いよいよ梅雨入りのようです。 庭のアジサイ、アナベルが咲きだしました。今年のアナベルは沢山蕾をつけ細い茎で 大きな花を支えています。 雨が降るとたちまち重くなるので茎が折れるのではとハラハラします。そこで支柱を立て 紐で縛りつけました。 ピンクから七変化したアジサイは剪定が悪かったせいか、今年は蕾が少ないです。 (デタラメに剪定していますので・・・仕方ないか・…

続きを読む

ああ~ニコライの鐘がなる・・・♪

“ああ~ニコライの鐘がなる・・・♪” 昭和の古い歌の最後の歌詞だけが不思議と印象深く残っているのですが、かの“ニコライ堂”の 内部見学をする機会がありました。 大主教ニコライによって建立されたことからこう呼ばれているとか… 正式な名称は日本ハリスト正教会「東京復活大聖堂」です。 日本ハリスト正教会はギリシャ正教の流れをくむロシア正教です。 ニコ…

続きを読む

花の命は短くて…も

緑の美しい季節になりましたね~。 シャラの葉が爽やかな木陰を作っています。シマトネリコも常緑樹なのに、ひとしきり冬の葉を 落としてようやく涼やかな姿になってきました。 バラや草花の賑やかな庭もいいですが、緑の風に吹かれて一服する庭もいいですね~。 そこで浮かれて大抵風邪を引くのですが… デッキから眺めた緑の庭です。 {%バラweb…

続きを読む

我が家のバラ(続き)

先日から開き始めたバラ画像の続きです。 裏庭で咲くメアリーローズ メアリーローズ アイスバーグ 我が家では大変な古株ですが、毎年優美な姿で沢山花を付けてくれます。育てやすい丈夫な優秀品種ですね。 購入した時ラベルが間違えて貼られていて予想とは全く違った顔をして現れました。 名前が不明。でもとても可愛…

続きを読む

暴れるお転婆娘(バラ)のデビュー

開花が例年より遅れていた我が家のバラが開き始めました。 種類によって開花時期がそれぞれ違うのですが、今年は一気にか・・・と思って楽しみにしていました。でも そうでもなさそうです。 一番のりは、昨年冬“暴れるお転婆娘”の一本としてご紹介したスパニッシュビューティです。(12月21日の ブログで掲載) 辺りじゅう気品あるいい香りを漂わせて、この変身ぶりは大したものです。…

続きを読む

春の終わり

4月後半から裏庭の花壇に咲きだした花々が賑やかでした。 今ではチューリップや白いヒヤシンスはもう花が終わってしまいました。 初夏の気配を感じると、夏の花に植え替える時です。夏の花壇に変わる前、今年の春花壇の記録です。                 {%クローバーwe…

続きを読む