春夏の庭の記禄

朝夕の空気には秋らしさを感じますがいまだに夏日のような暑さが続きます。

我が家の庭は未だ夏枯れ状態ですが、秋咲きの草花がポチポチ花を付け始めたところです。

今回は、記録として春夏の庭から抜粋してみました。

P1080551.JPG

スプリンググリーンという地味な色のチューリップですが気に入っていて毎春植えています。

ペチュニアが無事冬を越して沢山咲きました。

暖房の室外機の上に載せているのがよかったのでしょうか?
P1080539.JPG

クリスマスローズの株が一回り大きくなって沢山花がつきました。冬枯れの庭には嬉しい花です。
P1080524.JPG

アジュガがどんどん増えてきました。放任していても丈夫な花です。
P1080552.JPG

今年の春夏の気候のせいか、どこのお宅もバラが見事に咲いていました。

我が家でもこれまでに見ないほど沢山花が咲いてくれました。

一番早咲きのスパニッシュユビューティが倉庫前のトレリス正面と側面に沢山・・・(側面からの様子)
P1080634.JPG

イングリッシュローズのメアリーローズもいい具合です。
P1080596.JPG

キャスリンモーレー(イングリッシュローズ)はとても優美です。
P1080628.JPG

スヴニール・ドクトール・ジャメン(オールドローズ)この濃い赤が何ともいいですね。
P1080648.JPG

グラハムトーマス(イングリッシュローズ)
P1080598.JPG

P1080684.JPG
バフビューティの蔓をフェンスに誘因したところ、沢山の花をつけ、その珍しい色で人目を引きました。
P1080683.JPG

一番のお気に入り、アイスバーグも古木ですが頑張っています。
P1080688.JPG

ローズゼラニウムが可愛い小さな花を付けました。葉っぱがとてもいい香りがして大好きな植物です。
P1080655.JPG
茂った葉は挿し木しておくと簡単に増える嬉しい植物です。

以上が今年の春夏の総括でした。

おしまい